産婦人科で出産準備【女性の悩みを吹き飛ばす】

医者

悩まされたくない

治療

月経前や期間中に起こる

女性特有の症状は数多くあり、月経前や月経期間中になると出てくるpmsというものがあります。pmsにはイライラや落ち込みといったメンタル面に影響のあることだけでなく、腹痛や頭痛、そして吐き気といった体調面にも影響が出てきます。それだけでなく酷い貧血が起きるという女性もいます。そんなpmsは今では病因で治療する事が出来るようになっています。治療には栄養療法、漢方療法、そして薬物療法の3つの治療方法があります。栄養療法では薬に頼らず不足している栄養を補って体質を根本から改善していきます。漢方療法では漢方薬を、薬物療法では低容量ピルを使って治療していきます。pmsを病院で治療するという場合、婦人科が専門科になります。婦人科ということで、内科よりも専門的な治療を受ける事ができます。しかし、薬物療法で使用されることがある低用量ピルですが、人によっては副作用の症状が酷いこともありますので注意が必要です。カウンセリングでしっかり副作用のことについて聞いておくと良いでしょう。

ホルモンが関係している

上記にあるpmsだけでなく、女性には更年期という女性特有の症状もあります。更年期が発症する年齢は人それぞれとも言えます。これには閉経が大きくかかわっているからですえ。更年期は閉経前後の期間で卵巣の働きが衰える時に起きるのです。月経開始の年齢が人によって違うように、閉経も人によって違うのです。女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れがありますので、女性ホルモンを増やす方法とバランスを整える方法を把握し、対策出来るようにしておくと良いでしょう。