産婦人科で出産準備【女性の悩みを吹き飛ばす】

先生

不妊の治療

妊婦

不妊治療などにも使われる薬です

プレマリンとは、別名をワイスと呼びます。そしてこれは主要成分には卵胞ホルモンを配合し、天然ホルモンとの結合型エストロゲン錠になります。卵胞ホルモンとは、女性特有で年齢を重ねる毎に体内循環性が落ちる傾向にあります。そして、それは更年期障害などと関連しての、不妊性が歳を重ねる毎に高くなる女性ホルモンなどの欠如バランスの改善を目的として、卵胞ホルモンを補填する事により不妊化への症状を緩和しつつ、不妊治療に役立てるという意図があります。

ただし危険度もあります

ただ、このプレマリンという薬品は長期的な投薬や使用などをすると、女性の子宮に対して悪影響を及ぼす傾向にあり、これが原因で子宮ガンなどの発症リスクが高まる患者の報告件数が多くあるのも問題です。何より副作用の症状としては、吐き気や嘔吐などの基本的に起こり得る薬害問題の常識的部分から、他には乳房の張りによる胸の圧迫感による呼吸困難や、生理とは違う不正出血なども副作用の症状が見られる事が報告として上がっています。これはプレマリンを服用してから2、3ヶ月から半年のスパンで患者次第では見られる副作用の問題でもあります。この生理とは違う不正出血などが原因で子宮ガン、そして乳房の張りの部分から、乳ガンなどの病症のリスクが高まる関連性もある為、不妊治療に使用しようと考える場合は伴侶の方や産婦人科の医者の方々と細かく相談して、決断する事が大切です。また、その他にも女性特有の悩みがある場合は早めに産婦人科を利用して治療していくようにしましょう。

悩まされたくない

治療

pmsだけでなく更年期も女性特有の症状です。pmsの場合、月経前や期間中に起こるもので、症状が酷いという女性も大勢います。病院で治療を受けるだけでなく、ホルモンバランスを良くするなどで対策をした方が良いでしょう。

Read More..

女性特有の悩み

診察

大阪にある婦人科では女性特有の悩みを解決してくれるので、一人で悩まず医師に相談すると良いでしょう。また、ちょっとした気になることでも婦人科を利用し、不安を解消すると良いです。

Read More..

妊娠を諦めない

病院

大阪で不妊治療を受ける場合、婦人科を利用することで治療を受けることが出来ます。タイミング法や人工授精、体外受精や顕微授精などを受けることが出来るので妊娠の確率を高められるでしょう。

Read More..